カレンダー

03月 │2006年04月│ 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 プロフィール

はしもと

Author:はしもと
ユーザインタフェース系のお仕事をしてます.関心領域は画像処理,拡張現実感,ヒューマンコンピュータインタラクション,エンタテインメントコンピューティングあたり.モノ書きもやってます.

 工学ナビ

工学ナビは工学系の技術のチュートリアルを扱うサイトです.

 作ったもの

 Twitter

 

 天気予報


 ブログ内検索

 カテゴリー

最新コメント

 RSSフィード

 リンク

このブログをリンクに追加する




工学ナビの中の人 はしもとのブログです. いろんなコトを研究的,工学的な視点で見つめます.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Vフォー・ヴェンデッタ」 感想
公開日なのでさっそくレイトショーで観てきましたよ。ネタバレはないです。

V for Vendetta
 第3次世界大戦後の独裁政権下のイギリスが舞台。政府を破壊するために暗躍する仮面の男「V」と彼に人生を左右される人々の姿を描いた作品。ヒロインはナタリー・ポートマン,「V」の中の人は,ヒューゴ・ウィーヴィング(Matrixのスミスの人)。Vendettaというのは「血の復讐」という意味。

【感想】 ☆☆☆(5段階評価)

 まぁなんというか,普通。

 "「マトリックス」シリーズのスタッフが送る"っていうキャッチコピーに大した意味もなく,そもそもこっちはそんなことなんか気にも止めてなかったわけで。それと,予告をさんざん見て考察して行ったせいか,本来ビックリするところで「あぁやっぱりか」となってしまいました。予想も付かない展開というのは特になく,淡々と「約束の日」に向かって話が進んでいきます。(それはそれでいいんですけど)

で,

おそらくこの映画はバックグラウンドにある設定とか歴史とかを楽しむ映画なんじゃないのかと。

 イギリス留学から帰ってきた先輩に「Vって映画が面白そうですよ」と話をしたときに「それってガイ・フォークスみたいだね。イギリスじゃテロリストの記念日に花火あげるイベントがあるんよ」という返答をもらい,「いや,まさしくそれがこの映画の元ネタなんですよ」ということがありました。

 ガイ・フォークスというは実在したテロリストで,その昔,イギリスの政府施設を爆破しようとした人物で,彼が「V」のモデルになっています。この映画の冒頭でもガイ・フォークスについて語られています。また,この映画の原作はイギリスで80年代に連載されていたコミックだそうですが,作品に当時の政治模様も少なからず反映しているようなので,そういったことも調べてみるといろいろ面白いかもしれません。

 今回,期待したポイントとしては,マトリックスで僕らのハートをがっしりつかんで離さなかったエージェント・スミスことヒューゴ・ウィーヴィングが,仮面をつけてどれだけ"表情のある演技"を見せてくれるか,という一点だったんですが,これはまぁまぁ良くできてました。お茶目なシーンもあって結構絵的に楽しませてくれます。「仮面の男」という設定はどことなく「オペラ座の怪人」みたいですね。僕はああいう仮面の怪人が大好きなんですよ。ストーリーどうこうよりもそればっか見てましたね(笑

 売店に例のお面が売っていて,買おうかどうしようか迷ったのですが,結局買いませんでした。(ちなみにお値段900円なり。)


【こんな人にオススメ】
 ・仮面の怪人が好きな人
 ・イギリスが好きで「ガイ・フォークス」もちょっと知ってるぞって人

 「マトリックスのスタッフが!」ってところにだまされてスーパーアクションを期待して行っちゃうとちょっと物足りないかもしれません。


スポンサーサイト
「おさわり探偵 小沢里奈」 ファーストインプレッション
どうも。

今日さっそく後輩から「橋本さん,おさわりどうでした?」ときかれ
うん,おさわり楽しいよ」という反応をして,横にいた別の後輩から
ニヤニヤされた次第です。

そんなわけで,1話目をクリアした感想でも。(ネタバレなし)


おさわり探偵 小沢里奈
book_cover

公式サイトはこっち


ひとことで言うと「脱出ゲーム」に良く似たゲームです。

逆転裁判のような推理ゲームではなく,ひたすらあやしい場所を
タッチ(おさわり)していくことで話が進んでいきます。

アイテム欄もあり,取得したアイテムを人や物に対して使ったりできます。
アイテム画面でアイテムをいじったりもできます。このへんも脱出ゲームっぽいですね。
(チュートリアルはまんま「脱出ゲーム」なんですが)

脱出ゲーム特有の「ツマリ」はこのゲームにもあります。
1話目で2回くらい詰まりました。結局ひたすらあらゆる場所をおさわりすることでしか
打開できないんですけど・・・。

脱出ゲームが苦手なひとにはあまりオススメはできませんが,このゲームの魅力は
ゲームシステムではなく,もっと別なところにあります。

それは,ほんわかしたキャラクター,ハートフルな物語,楽しい(ある意味ベタな)音楽。
そういうところです。かなり個性的で好き嫌いが分かれそうなところではありますが,
パッケージを見てキャラの絵や,グラフィックの質感に魅かれた人は買って間違いないソフト
だと思います。だってかわいいですもん。なごみます。

「探偵」というタイトルを見て,殺人事件とか,推理する面白さを期待してしまった人には
ガッカリな内容かもしれません。まぁ,そういう人には逆転裁判がおすすめですね。
(このゲームと逆転裁判を比較してしまうのはナンセンスなんですが)

画面構成については,下がメインのゲーム画面,上が主人公の表情と心の声を表示する
画面となっています。上画面のメッセージがさりげなくゲームのヒントになってたりするのが
うまいですね。

ゲーム開発者にとってDSというプラットフォームは,「タッチスクリーン」と「2画面」という
2つの要素を生かしたゲームを作らなければいけないという(ユーザと任天堂からの)
暗黙のプレッシャーがあるように思うのですが,その辺このゲームはうまく両立している
と思います。

ときどき詰ってイライラしたりもしますが,マッタリと「おさわりプレイ」したいと思います。


おさわり探偵 小沢里奈
を買ってきました。

osawari_tantei.jpg


ちょっとダーク風味なかわいい絵に魅かれて買いました。
面白いかどうかはやってみてのお楽しみ。

公式サイト

ただ,あれですよ。
買った翌日に公衆の面前で

おさわり(探偵),プレイした?

おさわり(探偵),最高だよ!

なんて会話をした日には周囲の視線がとんでもないことに。
いい大人が「おさわり」を連呼してるとちょっとまずいですね。


手に入れろ!
ドラゴンボール!


SN260092.jpg

もうね,世代的にドラゴンレーダーにしか見えない。



ゴキブリとテクノロジー
 昨年,ゴキブリをテーマにした話題がいくつかありましたが,YouTubeで関係する動画を見て面白かったので,今日はゴキブリ関係のネタを集めてみました。


「ゴキブリ制御」で部屋を走り回るロボット
 昨年のアルスエレクトロニカ(メディアアートの祭典)に出展された作品。車輪の前に障害物があるとLEDが光って,ゴキブリが光とは逆の方に動こうとしてトラックボールを足で転がし,それが入力となってロボットが動きます。ちょっとゴキブリに同情を覚えます。

 ◆ ゴキブリ制御ロボットの動画
 ◆ これを作っている人たちのページ。画像満載です。


欧州の科学者が超小型ゴキブリロボットの開発に成功
 ゴキブリと交流する能力を備えた超小型ロボットを,ゴキブリの巣に潜入させることに成功した,という話。動物と交流できる能力の実現は良くも悪くも自然界にいろんな影響を及ぼしそうですね。


Killing Projected Cockroaches
 ゴキブリを踏み潰すゲームの動画。床に映像を投影して,なおかつ足で踏んでインタラクションできるこのシステムは,おそらくソリッドレイ研究所のタップトークだと思います。しかしゴキブリは踏み潰されるほど足遅くないぞw


リモコンゴキブリ
 ゴキブリの頭にセンサやマイコンを取り付けて,生きたゴキブリをロボットにしてしまうプロジェクト。あまり確かな資料が見つからなかったのでコメントしかねるのですが,文章を読む限り東大の下山勲先生がされていた研究のようです。話題としてはちょっと古いかも。


ゴキブリをゾンビ化し自由に操る驚異の蜂-セナガアナバチ
 テクノロジーでどうこうする以前に,自然界にはゴキブリを操作してしまう生き物がいるという話。YouTubeにこのハチがゴキブリからお生まれになる動画がありました。(残念ながらゾンビ化して操る動画じゃないです)


 しかし,ゴキブリの話題になるとこう盛り上がるのは,嫌いなことへの裏返しでしょうか。「なんだかんだ言って結局オマエのこと好きなんだよ!」みたいな。…なわけないか。


「岩井俊雄&ロカちゃん展」開催中
 以前このブログでも紹介した,メディアアーティスト岩井俊雄さんとそのご家族の楽しいものづくりライフを綴ったフォトエッセイ「いわいさんちへようこそ!」に関する展覧会が行われています。



岩井俊雄&ロカちゃん展 『いわいさんちへようこそ!』

公式サイトへ

詳細は、下記URLをご覧下さい。
http://www.lapnet.jp/

■会場:LAPNET SHIP
■開催期間:2006年4月15日(土)~4月29日(土)
■開催時間:11:00~20:00(最終日のみ11:00~18:00)
■入場料:無料

(情報元:文化庁メディア芸術プラザ事務局ブログ


 想像するに,今回もエレクトロプランクトン展(行けばよかった)のときのような素敵岩井ワールド(もしくは素敵親バカワールド)が展開しているはずなので,是非足を運んでみてください。本では紹介しきれなかった「たからもの」の数々を実物展示!ということなので,本を買って読んでから行くとより楽しめると思います。

 正直大学休んででも行きたいところですが,いまそういうことをすると刺される状況にあるのでやめておきます。あぁ,イベントのたびに東京人に殺意を覚えるよ…。


最近のライフサイクル。

11:30 起床→風呂に入る→大学に行く
12:00 研究室で朝ごはん
    研究の雑談
    研究以外の雑用
19:00 夕ごはん
21:00 後輩と今後の「デスノート」の展開について議論
22:00 capsuleを延々リピート再生しながら,だらだらとwordで文章を書く。
0:00 Webを巡回。
1:00 hicalculatorを延々リピート再生しながら,だらだらとwordで文章を書く。
7:00 帰宅
8:00 就寝

 ・・・とまぁこんな感じ。コアタイム(10:00~17:00)に忠実な4年生には,僕は普段遊んでるようにしか見えないんだろうなぁ,と苦笑してみたり。バイトやめても夜型は治らず!


視聴覚交換マシン
 メディアアーティスト八谷和彦さんの初期の代表作「視聴覚交換マシン」の体験会が丸ビルで行われている,という話を今日知りました(最近はてなのほうをぜんぜん読んでなかったw)。期間が4/3(月)~4/8(土)なので,まだやってます。東京に就職した連中で今週の土曜日暇なヤツぁ見に行け!

■イベント情報
The Art of Passat-ism
New Passat meets Contemporary Art in Marunouchi 2006

(※同イベントに参加されている平川紀道さんもかなりすごい人です)

視聴覚交換マシンの紹介

 視聴覚交換マシンはHMDとヘッドフォンを装備して,2人の人物の視覚・聴覚を入れ替えてしまう作品。他人の視点でしかモノが見えない感覚ってちょっと気になりますね。その気になったら自分でも作れちゃうなコレ。

 ここでちょっと余談。ゲーム「サイレン」の製作者インタビューに「視覚交換のアートを見て視界ジャックのアイデアを思いついた」という話が載っているのですが(*1),これはおそらく八谷さんの「視聴覚交換マシン」のことだと思います。あ,ってことは「サイレン」をプレイする=視聴覚交換を体験してるってことになるな。ま,テレビ画面越しに見るのとHMDで没入して見るのとではまた意味が違うでしょうけど(後者は酔いそう)。

というわけでサイレンファンも行け!(どこか無理やり)

*1 : 情報源はファンブック「サイレンマニアックス」から。


岩井さん動画
 最近,You TubeとかGoogle Videoといった動画サイト(分類は何だアレ?)が流行りはじめたおかげで危ない橋渡らなくてもいろんな動画が楽しめるようになったわけですが,「著作権とか絶対グレーゾーンだよなぁ。つか違法じゃね?」とかみんな思ったりしてるんでしょうね。え,してない? あ,そうですか。
 
 さておき,ちょっと探してみるとテクノロジー系の動画も結構落ちてます。「robot」だとか「augmented reality」といったキーワードで検索かけてみるといろいろ面白いものが見つかります。

 で,今日の本題です。メディアアーティスト岩井俊雄さん関係の動画をYou Tubeでいくつか見つけました。興味のあるひとはどうぞ。

岩井さん本人によるTENORI-ONのデモ演奏(2005)
demo_tenorion.jpg


テーブルの上の音楽(1999)
tablemusic.jpg


エレクトロプランクトン(2005)
you_elepra.jpg


映像装置としてのピアノ(1995)
demo_piano.jpg


それにしてもTENORI-ON早く出ないかなぁ。
デモイベントは何回もやってるから今年中に"来る"といいなぁ。
お値段も気になるけど・・・。


PBLってなによ
春ですね。実家に帰ってました。
帰省中に母校(高専)に行って先生と話をしたりしたんですが,そのときの話。

「最近,授業のやり方をPBLにしたよ」
「PBL・・・って何ですか?」
Problem Based Learning,問題解決型授業だよ。
 『こういう問題があります,さてどうやって解決しますか?』って学生に問題提起するわけ」
「へぇ。高専でもそのスタイルに・・・」

 大学,大学院における教育でよく言われるのが「問題解決能力」と「問題発見能力」で,一般的に学部生~院生(修士)には「問題解決能力」が求められ,院生(修士~博士)には新しいテーマを創造するための「問題発見能力」が求められます。で,問題解決能力を育成するのがPBLというわけですな。

「でもね,ある先生はこういうんだよ」
「?」
PBL = Pain Based Learning(痛みを伴う授業)」
「(一同爆笑)」

痛みを伴うのは学生なのか教師なのか・・・さて?
というわけで新しい学習法FBLを考えてみました。

FBL = Fear Based Learning (恐怖による授業)
というかそれ女王の教室じゃん。

FBL = Feeling Based Learning (感覚型授業)
考えるんじゃない!感じるんだ!

だめすぎ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。