カレンダー

05月 │2006年06月│ 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 プロフィール

はしもと

Author:はしもと
ユーザインタフェース系のお仕事をしてます.関心領域は画像処理,拡張現実感,ヒューマンコンピュータインタラクション,エンタテインメントコンピューティングあたり.モノ書きもやってます.

 工学ナビ

工学ナビは工学系の技術のチュートリアルを扱うサイトです.

 作ったもの

 Twitter

 

 天気予報


 ブログ内検索

 カテゴリー

最新コメント

 RSSフィード

 リンク

このブログをリンクに追加する




工学ナビの中の人 はしもとのブログです. いろんなコトを研究的,工学的な視点で見つめます.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思考戦車

tachikoma_view.jpg

「最近エージェント指向ってコトバ聞かないね」

「言葉こそあまり使わなくなったけど,今じゃ姿を変えて主にロボットサッカーとして研究されてるね.
 あれはもともとAIとかそういうのが出発点だし」

「サッカーはあくまで実証実験のための"モデル"なんだね」

「そりゃ本気でサッカーを研究してもしょうがないからねぇ」

「それはW杯の結果が物語ってるね…」


スポンサーサイト
GBAプログラミングはじめました
 最近は「趣味:プログラミング」って言ってもいいくらい,大学でも家でもプログラミングしてます.デスノートとかトリック2とかインサイドマンとか観たい映画が山積してるんですが,それを観にいく時間すらもったいない.プログラミングってはまると病気みたいですね.

 で,最近はじめたのがGBAプログラミングです.PSPのブラウザが期待したほど力がなかったのでJavaScriptであーだこーだするのに飽きて(というか自分のスキルの限界ですな),GBAいじりをCではじめた次第です.DSのHackに関しては巷でいろいろ情報が飛び交ってますが,もうすこし落ち着いてからかなぁ.GBA開発に関しては情報が飽和状態なので資料にはあまり困らないですね.

 GBAプログラミングは趣味にはちょうど良いです.とりあえずR・G・Bの色表示と文字表示までできるようになりました.このあとの展開は…まぁ後ほど.


それは本当にリアルなのか -虚構の"リアル"-
Abstract
 リアルとは一体なんだろうか. 「リアル」=「本物に近い」こと? ならば何を持ってして「本物に近い」のだろうか.実は「リアル」の成否は観測者の『主観』によってもたらされているのだ.


■オマエは本当にパンダなのか

 最近話題になった「パンダスーツ」をご存知だろうか[1].パンダそっくりな精巧な着ぐるみを作ってしまったというはなしだ.詳細は「“パンダスーツ”を見てきた」を見て欲しい.記事内で記者は

 「実際に見たパンダスーツはその体型や毛皮も非常にリアル。」

と感想を述べている.

「リアル」とは「本物のそれと比べてそっくり」と言ってるわけだが,記者はどの程度パンダについての知識を持っていたのだろうか.毛皮の質感まで知っていたかどうかは定かではない.では,僕らはパンダについてどの程度知っているだろうか.

 ・頭部は目と耳は黒くてそれ以外は白い.
 ・熊の仲間で,全身は毛皮に覆われている
 ・ササノハを食べる

その程度じゃないだろうか.絵が描ける人なら胴体の部分の配色(どこが白か黒か)も知っているかもしれない.しかし,パンダのしっぽが白いか黒いかと問われて自信を持って答えられるひとはそうそういない(検証済み).

 つまり何がいいたいのかというと,ここで言う「リアル」とは「本物そっくり」なのではなくて,「我々の知識のなかにあるものとそっくり」ということなのである.しっぽが白かろうが黒かろうが,我々が知っている「パンダの条件」さえ満たしていればそれはパンダなのだ.


■本物っぽいニセモノ

 似たような話はいくらでもある.

 例えば,ガスガンを買ってきて,その重さやブローバックの動きを見て「すげぇ 本物っぽい!」と感想を漏らしたら「オマエは本物を撃ったことがあるんかい!」と友人に突っ込まれたことがある.この「本物っぽい」も「俺が知ってる本物(=重量感があってブローバックする)」に近いだけであって,実物とは程遠いものだろう.(余談だが,韓国に行くと実弾を撃たせてもらえる観光スポットがある)

 「リアル」を売りにしているモノの最たるものにゲームがある.戦闘機に乗ったこともないのに,戦闘機のゲームをプレイして「すげぇ!リアルだ!」と言う.オマエは戦闘機に乗ったことがあるんかい,と.まぁそれは良しとして,これに関して面白い話がある.戦闘機やレースのゲームでは忠実に物理計算をやって本物と同じ速度で動いている様子をそのままシミュレーションしてしまうと,体感速度が足りず,「それっぽく感じない」らしい.だから実際はそれ以上の速度で動かして「それっぽく」見せているというのだ[2]

 リアルとは,実物がそうであるかということよりも,プレイヤーがどう感じるかにゆだねられていることがうかがい知れる.


■まとめ

 モノがリアルかどうかの成否はそれが実物を忠実に再現していることよりも観測者の感覚にゆだねられている部分が大きい.そんなわけだから,実物に出会ったときに「俺の知ってるパンダじゃない」なんてことが起こったりするかもしれない.


■参考文献

 [1] “パンダスーツ”を見てきた, ITmedia +D LifeStyle (2006)
 [2] 綾茂勝太郎, リアルということ, ゲーミアン (1999)


EYETOYで遊ぶ
プレステ2用のカメラ「EYETOY」を中古で980円で購入.
ドライバを入れればPCでも利用可能と聞いていたので
さっそく試してみました.

eyetoy1.jpg

安定感のあるカタチがまたいいですね.使いやすいです.
ドライバは「EYETOY ドライバ」とでもググればすぐに見つかります.

eyetoy2.jpg

AmCapで撮影してみたところ.
いいじゃーんこれ.新品で買っても2980円だとか.
その値段でこの写りは反則じゃないか!
ちなみにフォーカスは手動で,ホワイトバランスは自動です.

warai_eyetoy.jpg

ひさしぶりに笑い男になってみた.
PCのスペック良すぎて文字の回転速すぎ…
ちゃんとタイマ処理しとくんだったな.

* * *

OpenGLの本のはなし.

「OpenGL リファレンスマニュアル」(通称「青本」)を購入しました.
ちょっと前はどこも在庫なくて入手できなかったのですが,
最近また復活してたようなので注文して今日来ました.

OpenGLリファレンスマニュアル: OpenGL Architecture Review Board,アクロス
book_cover

すさまじく高い(8300円).

軽く読んでみましたが,ほんとにただの「関数の説明書」なので
「OpenGL プログラミングガイド」(通称「赤本」)だけで十分です.
赤本のほうにも関数の解説は載ってます.
「赤本」から関数の説明だけを抽出したのが「青本」という感じです.
ただ,「赤本」はもっと高くて1万2000円するんですが….

OpenGLプログラミングガイド 第2版―The Official Guide to Learning OpenGL,Version 1.1: Mason Woo,Tom Davis,Jackie Neider,OpenGL Architecture Review Board,アクロス
book_cover


赤本は高いけど内容はちゃんとしてますよ.
ネットで無駄な検索するまえに目を通したい本です.
ちなみにOpenGLの入門書はこちらがオススメ.

OpenGLによる3次元CGプログラミング: 林 武文,加藤 清敬
book_cover


OpenGLの入門書じゃこれが一番なのでは.
この本と「赤本」とネットがあればほとんどのことはできます.
しかし本ばっかり増えていくな…(ちゃんと使ってるけど)


工学ナビが本になりました
と,言うとちょっと語弊がありますが,工学ナビのMaTX関係の記事を一冊の本にまとめました.
かなり加筆しているのでHPの内容の1.5倍はあるかと.

MaTX入門 - フリーで使える「数値計算」「シミュレーション」ツール (工学社)

MaTX入門

 一応説明しておくとMaTX(マットエックス)というのはフリーのシミュレーションツールです.信号処理や制御工学のシミュレーションができます.この分野ではMATLAB(マトラボ)というソフトがその頂点に君臨しているのですが,研究用のツールなので価格が100万円前後という超高価なシロモノです.つまり,学校の共用のPCルームや研究室のPCでの利用に限られ,家の自分のPCで使うということはまずできません.さらにバージョンによってはライセンスサーバで認証しないと動作しないものもあり,違法コピー対策も採られています.

 その点,MaTXはMATLABよりは機能は劣りますが,高専や大学の講義で習うような問題の範囲であれば十分活用できます.そして何よりタダなので,自宅のPCで自由に使うことができます.ですので,制御工学の課題を解いたり,実験のレポートを書くときなどに威力を発揮します.

 前置きが長くなりましたが,今回書いたのは,そのMaTXの入門書です.MaTXをはじめて触るところから,制御工学の例題をシミュレーションするところまでをナビゲートし,初心者向けに仕上げています.また,グラフ描画のテクニックや行列操作,プログラミングの仕方,その他Tipsなども盛り込んでいます.制御工学を学んでいる高専生や大学生にぜひとも活用してもらいたいです.

というわけで買ってね!


TENORI-ONブログ キター
岩井俊雄さんとYAMAHAスタッフによるブログ「TENORI-ON開発日誌」がオープンしました.
ってことは発売は年内か?(勝手な憶測

TENORI-ON開発日誌
http://tenorion.exblog.jp/


半ダースのプログラミング言語
「プログラマとして生き残るには,最低半ダースのプログラミング言語を習得しろ」
という言葉がある.

この言葉の真意は,個数の問題ではなく,種類の問題だ.
プログラミングを独習するには10年かかる」によればこういうことらしい. 【引用】


少なくとも半ダースのプログラミング言語を学ぶこと。そのうちの一つはクラス抽象をサポートするもの(例えば Java や C++)、一つは関数抽象をサポートするもの(例えば Lisp や ML)、一つは構文抽象をサポートするもの(例えば Lisp)、一つは宣言的記述をサポートするもの(例えば Prolog や C++ テンプレート)、一つは coroutine をサポートするもの(Icon や Scheme)、そして一つは並列処理をサポートするもの(例えば Sisal)であること。

 別にプログラマになるつもりはないから無理に↑に従う必要もないんだけど,扱える言語は多いほうが良さそうなので,そろそろ新しい言語を勉強することにした.ちなみに今使えるのは,BASIC,C,C++,Pascal.

さて何を覚えようか.

card_prog.jpg
(とりあえず思いついたやつだけ)

就職した友人の話では「職場の環境がVisualC++かJava」だったそうな.
そういえば最近の高専や大学などの教育現場も「CかJava」だ.
となるとJavaか.いや,国産のRubyも面白そうだぞ.

いろいろ考えた結果,家で本が積読中だったのでJavaをはじめることに.
さっそくJava2 SDKとEclipseをインストール.

参考にしたのはこのへんとかこのへん

そんなわけでお約束の「HelloWorld」です.

java_hello.png


こりゃ いまVC++でやってることをJavaでできるようになるには
相当時間かかるな…


PSPをフォトスタンド時計にする
「DS触ってばっかで最近PSP触ってないなぁ.いっそフォトスタンドにしちまうか!」
というノリでこんなものを作ってみました.

060604_psp_clock.jpg
PSPフォトスタンド時計

一定間隔で画像が切り替わる仕掛けです.
ここにおいておきます↓

中の人ブログ用ファイル置き場

「PSPClock」内の「PSPフォトスタンド時計.zip」をダウンロードしてください.
なかに「使い方.txt」を同梱しています.

PSPのブラウザがメモリースティックのデータも参照できることを
利用して,JavaScriptを使ったHTMLを書いて,時計を表示しつつ,
画像を一定間隔で切り替えるということをやっています.

あまり大きな画像使ったり,枚数が多すぎるとメモリ不足で怒られます.
というわけで,「480×272サイズの画像を10枚」という制約をつけました.

(説明の補足)
ディレクトリ内にこういう状態で画像を保存してください.

PSPclock_folder_kousei.jpg


画像はフリーで良さげなものが「僕の見た秩序。」とか「Flickr」などで入手できます.画像サイズを480×272にするには「PSP用画像変換ツール/CGI」を利用すると良いでしょう.

本格的に置時計にしようと思ったら,電池は抜いてアダプタ駆動にしたほうがいいかもしれません.また,PSPは放置されるとディスプレイの電源がOFFになるので「省電力設定」で「自動バックライトオフ」を「切」にするべきかも.

デジタルフォトスタンドっていざ探してみるとよさそうなのが意外とないんですよ.PSPをこういうふうに使うのも面白いかもしれませんね.


錯覚デバイスとその安全性
 Virtual Reality(VR)を製品として積極的に開発している,「ソリッドレイ研究所」という会社があります.産業用バーチャルリアリティ展ではいつも会場入ってすぐのところにブースを陣取っていて,この業界の「顔」的な存在です.超有名.

で,そこの新製品のはなし. (先月のニュースレターより)

■ セーフマスター
 http://www.solidray.co.jp/product/newpro/safe.html

 ディスプレイに表示された仮想物体を,あたかも自分の身体の一部であるように感じる錯覚を応用した商品.仮想空間の労働災害でCGの手が切断される立体映像を見せて,あたかも自分の手を失うような“錯覚”を誘発させることでユーザーの安全意識を高める,というもの.

手が切断されるCGがえらくシュールです.怖いです.
いや,怖くないと安全意識にうったえるものにならないのですが.

danger_machine.png

しかしこの路線の研究は慎重にやらないと怖いなと思います.

意識的な想像,あるいは錯覚による想像が,感覚とリンクしたときに現実と同等の生理現象が発生することってありますよね.例えば,

「梅干を想像すると唾液が出る」(実際そうなる)

「被験者にアイロンが熱を放っている様子をみせたあとで目隠しをさせ,アイロンと同形状のただの鉄板を肌にあてるとアイロンが肌に当たったと錯覚し,肌に火傷のような反応の痕がのこる」(むかしTVでやってた)

「死刑囚に『今から手首を切って失血させる』と予告し,目隠しをさせて,肌にナイフのようなものを触れさせたあとでその箇所にただの水をちょっとずつ垂らしていくと,出血したと錯覚し,ショック死する」(うそ臭いが,納得のいく話ではある)

というようなコトです.
つまり何が言いたいのかというと

「身体が損傷する仮想体験をして,身体になんらかの悪影響が起こりうるのではないか?」という心配です.冷や汗程度ならいいかもしれませんが,気分が悪くなったり,心理的に「怖くて作業できない」なんてことになったりしたら本末転倒です.


もちろんこのアイデア自体は大変有益であると思うのですが,
“不快感を得る装置”には違いないのでちょっと心配です.

他に使い道はないでしょうか.
…そうですね,「愛犬に噛まれる」のをVRで体験するとかどうですか.

danger_dog.png


ニンテンドーDS Lite
買ってしまいました.
初代DSも持ってますが…ほら,2台あると楽しいじゃないですか,
対戦が.(周囲にDS所持者がいない)

060602_DS.jpg
Liteのほうが画面が明るいですね.
(さらにスペック比較表見るといろんなところが違います)

さっそくニュー・スーパーマリオブラザーズで対戦をやってみましたが
面白すぎてハマること請け合いです.みんなして大盛り上がりでした.
ソフト1個でダウンロードプレイ(しかも無線で)できるという功績はデカイですね.

2台目のDSが手に入ったので,黒いコトをいろいろ思案中.
WiFi使ってロボット制御とか,ピクトチャットでAIと会話とか.
ま,とりあえずサーベイが必要です.


VS スパム
 先日,FC2の掲示板について「キーワードブロックできると少しはましになるんですが。」と書きましたが,今日,管理画面みたら,禁止ワード設定が追加されてましたよ! にしてもタイミング良すぎ.

最近は露骨なエロワードではなく,自然に,しかも短かい文章で誘ってくるので,どこまで禁止ワード設定で対抗できるかあやしいものです.もちろん「出会い」なんて単語は禁止ワード登録しますが.

人が見て「あーこれはスパムだな」とわかるわけですから,学習機能を搭載して未知スパムにも対応できるロバストなスパム処理をして欲しいものです(スパムのモデル化って面白そう).無料レンタルの掲示板にそこまで求めるのも酷かな.

一方で,AUのスパム処理はえらく強力な気がします.シンプルな英単語のメールアドレスを使っているので,スパムがいっぱいきても不思議はないのですが,実際のところ年に数回しか来ません.いったいどんな技術を使ってんだ.


冷やし中華が食べたい
夕食に冷やし中華が食べたくなったので友人を誘いました.
近所のラーメン屋へゴー.

「もしさ,『冷やし中華はじめました』って表示なかったらどうする?」
「そうだな… 例えばこんなのはどうだ」


『冷やし中華はじめません

 「やらないのかよ!」

『冷やし中華はじめたっけ?

 「忘れたのかよ!」

『冷やし中華はじめませんか

 「客にやらせるのかよ!」

『冷やし中華はじまるよ!

 「番宣かよ! つかそれでもいいよ!」

『冷やし中華はじめてです

 「おいおいおい!」

アイスコーヒーはじめました』 (※下記参照)

 「ちょっと待て!」

「…ってことになってたりな」
「ないないない」
「じゃ行くか」
「おう」





  結果:はじめてませんでした



冷やし中華はじめるには時期尚早ですかね.コンビニでは売ってるのに.
というわけで今日はチャンポン食べてその後で居酒屋に行きました.


【まめちしき】 「アイスコーヒーはじめました」

 大学周辺にあった今は亡き某焼きそば屋の張り紙.この張り紙がされた数日後に,店の前に黒い車が停まり,黒い服の男たちが店に入っていくのを先輩が目撃している.以後,内輪では,「アイスコーヒーはじめました」などの相応でない内容の張り紙行為は,その店が潰れる前兆とされている.(他にも該当例あり)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。