カレンダー

01月 │2007年02月│ 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

 プロフィール

はしもと

Author:はしもと
ユーザインタフェース系のお仕事をしてます.関心領域は画像処理,拡張現実感,ヒューマンコンピュータインタラクション,エンタテインメントコンピューティングあたり.モノ書きもやってます.

 工学ナビ

工学ナビは工学系の技術のチュートリアルを扱うサイトです.

 作ったもの

 Twitter

 

 天気予報


 ブログ内検索

 カテゴリー

最新コメント

 RSSフィード

 リンク

このブログをリンクに追加する




工学ナビの中の人 はしもとのブログです. いろんなコトを研究的,工学的な視点で見つめます.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プログラマに対する羞恥プレイ
それは自分が書いた昔のソースを読まされること

もうね,悲鳴モノですよ.「キャー」ですよ「キャー」.
例えるなら10代の頃に書いた日記を音読させられるようなものですよ.

「うわっ これまだグローバル変数なのかよ!」 とか

「うわっ まだこんな危ないメソッドが動いてる!」 とか

「え? まだクラス化してないの!?」 とか

「このスレッド怖えぇぇー」 とか

「ここでキャンセル押すと死ぬwww」 とか

そんなののオンパレード.
でもまだ読めるレベルだったので良かったです.
(void test1( )とかあった日には即死モノですよ)
改めて読むと自分の成長が見て取れるなぁ.

ちなみにこれが「自分のソース」ではなく「他人のソース」になると
羞恥プレイではなく,拷問になります.


スポンサーサイト
書籍版「我らクレイジー☆エンジニア主義」を買った
我らクレイジー☆エンジニア主義
我らクレイジー☆エンジニア主義リクナビNEXT Tech総研

おすすめ平均
stars人生の参考にしたい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Tech総研で連載中の人気コーナーを書籍化したものです.

Tech総研 - 我らクレイジー☆エンジニア主義
自分の好きなことに人生を捧げる日本の天才技術者のインタービュー集です.
「crazy」は「狂った」の意味ではなくて「熱狂的な」のほうです(多分).
とても面白いので毎回目をキラキラさせながら見てます.

タダでWeb連載されているものをなんでお金出して買うの…なんて声が聞こえてきそうですが,自分が神と崇めている人が何人か登場しているので「聖典」として手元においておきたいのです.Webで見たほうがカラー写真や動画もあるんですけどね.実を言うとWebのほうもちゃっかりHDDに全保存してます.

書籍化にあたっての追加内容として,メールマガジンなどのみで配信され,サイトでは公開されなかった「黒幕Qの直撃インタビュー」が収録されています.「記事で書ききれなかった取材の裏話などをTech総研編集部の"黒幕Q"がこっそりまとめたもの」だそうです.

まえがきにとても印象的なことが書いてあります.

===================================================================
「苦しかったときは、どんなときですか」
取材でもっとも印象的だったのは、決まってぶつけるこの質問をしたときでした。
(中略)みなさんの返答はほとんど共通していたのでした。
苦しいと思ったことなどない、と。むしろ好きなことができて、楽しいのだと。
===================================================================

まさに「好きこそものの上手なれ」ですね.

ちなみにこの本は縦書きになってます.
正直,理系人間なので横書きで書いて欲しかった.

エンジニア本といえば,子供のころに読んだ山根一眞の「メタルカラーの時代」も面白かったなぁ
…ってこのシリーズ,いつの間にこんなにたくさんでてたんだ?


コンソールプログラムの文字色を変えて遊ぶ
Windowsでコンソールベースのプログラム(C言語)を書いていると
「黒背景に白い文字」に味気なさを感じるときがありますよね.

で,色を変える方法がないか調べたら「コンソールAPI」というものがありました.
これを使えば文字色を変えたり,カーソル位置を自在に制御できるわけです.

【参考サイト】
猫でもわかるプログラミング 第58章 コンソールアプリで文字色を変える
とりあえず色変えるだけならこれを見ればわかります.

0からのゲームプログラミング > コンソール API
コンソールAPIの機能を使いやすくまとめたクラスも公開されており,便利なのでこれを頂戴しました.コンソールAPIを使ったサンプルゲームも置いてあります.サイト全体の内容が濃くて面白いです.

さっそくこいつを使ってしょうもない遊びをしました.
warning_desktop.png

80年代に流行したコンピュータウイルスみたい.
今のシーズン,B4とかM2の人たちは笑えないネタですね.

最近は悪質なばかりか感染したことすら気づかせない
センスの欠片もないようなウイルスばかりですね.
昔は「花火が上がったよアハハ」なんてこともありましたっけ.


「研究ノート」に対する僕のこだわり
PCが普及して何でもかんでも電子化されてしまいましたが,
紙媒体には紙媒体なりのよさがありますよね.
ホラ,静電気で消えたりしないし.停電で消えたりしないし(笑)

そんなわけで研究の記録というものはやはり紙媒体,
つまり『ノート』でなくてはいけないと思うわけでして.
今日はそのへんのこだわりの話でもしたい思います.

これから研究室に入る人や,大学院に上がってガンガン研究しようと思ってる人は
参考にしちゃってください.同業者の方は適当にスルーしちゃってください.


■ノート選びはじっくりと

研究ノートは,れっきとした研究の道具(ツール)であり,
学部時代に量産される「どうでもいい黒板の写し」とは違います.

そこで,ちゃんと使えるノートについていろいろ吟味した結果,
使いやすさの点でリングタイプのノートに辿り着きました.
なぜリングタイプかというと,

 ・開いたとき自然に水平になる
 ・反対側に完全に折り返せる(折りたためる)
 ・途中のページを破ったりできる(糸綴じだと反対側が抜ける)
 ・リングの部分にペンが挿せる

というメリットがあるから.

ルーズリーフも決して悪くないのですが,ページがバラバラになったりするのでやめました.
なにより1冊のノートを作ったほうが愛着がわきます.

で,現在愛用してるノートがこれ↓

ETRANGER DICOSTARICA のスパイラルノート
 ・サイズはB5
 ・罫線の間隔は6ミリ(B)
 ・100枚(200ページ)

ボリュームも十分.1年間でちょうど1冊使い切ります.
表紙のカラーバリエーションが豊富にあるので毎年違う色を買っています.

research_note01.jpg

実際,この辺の話は完全に個人的趣味ですから,自分にあったいいものを探すのが一番です.
少しくらい高い良質のものを買ったほうがやる気も出ますよ.

(余談: 欲を言えば,あらかじめページ番号が振ってあるノートがあるとすごく嬉しいのですが,
どなたかそういったノートをご存知ないですか? 知ってたら教えてください)


■肝心の中身は

研究室に入ってきた4年生に「研究ノート作れ」と言っても
たいていの場合「何書いていいかわかりません」と言われますが

   研究ノートなんて,何書いてもいいんです

実験データに関わらず,思いついたことは全て書いてしまっていい.
アイデアはどこから生まれるかわからないのだから,忘れる前にできるだけ
書きとめておいたほうがいいです.

ちなみに研究生活4年目の僕のノートはだいたいこんな内容です.

 ・なんらかのブレイクスルーがあったときの記録
 ・学会の日時/申し込み締め切り/投稿締め切りを記録したカレンダー
 ・過去に自分が発表/投稿した論文のタイトル(一覧にしておくと便利)
 ・ブレインストーミング(ミーティング)で出たネタ
 ・学会発表での質疑の内容
 ・ソフトのインストール/設定の方法
 ・関連するキーワード,研究者名,本・論文のタイトル
 ・使用した機材の型番
 ・実験方法・手順・アルゴリズムの詳細
 ・実験データ
 ・思いつきのどうでもいいアイデア(ネタ)
 ・作成したプログラムのバグレポート

 などなど.ホントなんでもかんでもです.

日付も書いておくと後々読み返したときに便利なことが多いです.
(使用例:「このアイデアは俺が先に思いついてたんだよ! 嘘じゃねぇよ ホントだって!!」)

ついでに時刻を具体的に書いておくと,徹夜したときの涙ぐましいエピソードが克明に思い出されて懐かしくなること請け合いです.(使用例:『AM4:20 実験成功』)

どうせ人に読ませるものでもないので,「今日は誕生日だった」とか「やっと実験成功だ」などと多少日記風味にやったほうが,後から読み返したときの楽しみがあります.

僕のノートをちょっとだけお見せします.

research_note02.jpg
M1のときの研究ノート

「USBゲームコントローラみたいに,USBカメラがそのままゲームコントローラにならねぇかな」と考えてた時期のノート.こんな風にゲームとか映画のネタが頻繁にノートに出現します.

research_note04.jpg
同じくM1のときの研究ノート

いたってマジメに(?)勉強してたころのノート.
20ページに1回くらいこういうまじめな数式が登場します.

research_note03.jpg
M2のときの研究ノート

ちょうど1年前に書いた記事「『サイレン』を現実にやってみよう,というネタ」は実は研究ノートから飛び出したネタのひとつでした.変なこと考えることも研究のうちです.……にしても同じ日付で「修論完成!!」と書いてありますから,ゲームしながら論文書いてたことが伺いしれますね(笑)


■「書く」ばかりがノートじゃない

「夏休みの自由研究ノート」よろしく,実験のときの様子をデジカメで撮って,その写真をノートにペタペタ貼ると,なかなか面白いノートが出来上がります.写真だと,記録として説得力がある上に,後から見たときに「このときの俺,茶髪じゃん」「あの○○さんが痩せてる!」などと妙に感動すること請け合いです.

Wordで画像をファイルに貼り付ける行為は何も面白くありませんが,デジタル写真を印刷して紙媒体のものに貼り付けるとなぜか面白くなってくるから不思議です.

最近はデジカメプリントがコンビニで手軽にできていいですね.JPEG画像ならなんでも印刷できるので,ペイントソフトで注釈を入れてからプリントするのもありです.

貼り付け系では,WEBページや,実験がうまくいったときのプログラムソースを印刷してノートに貼り付けておくのも意外に便利です.文献のコピーも,個人の範囲でなら著作権に触れないのでアリですね.


■研究ノートは楽しい

研究ノートを作ってページをめくり結果を積み重ねていくと,研究に対するモチベーションが上がってきます.なにより「書く」という行為を行うことで,頭の中でごちゃごちゃしているアイデアを整理できるというメリットがあります.

また,詳細に書いた分だけ,後々読むときの楽しみができます.「若いころはこんな研究してたなぁ」と思い出す日がいつか来るでしょう.

"楽しい"研究ノート始めませんか?


作品No.3 ちょっとおいたが過ぎたようね
no03_terai_gun.jpg

メガネかけるとまた違った魅力がありますなぁ.

銃はこのサイトから頂きました.感謝感謝.
http://www.amy.hi-ho.ne.jp/m_yokoyama/poser.htm

あと,銃の握らせ方とかはこちらを参考にしました.
http://zenryokuhp.com/poser-oboegaki/archives/2006/08/post_3.html


ついにPoserを買ってしまった!
かれこれ10年前に出会ったソフトで,いつか自分で買って遊ぼうと思ってたソフト.
それがPoser(ポーザー)

Poserは労力をかけずに人物の絵を作るためのソフトです.
その名が示すとおり,その機能は3DCGのキャラクタのポージングを行うことに特化しています.

もうすぐ最新版であるPoser7が発売されるのですが (→2月16日),
現行バージョンのPoser6が,書籍がバンドルされて1万1000円という
破格で売られていたので思わずこれを買ってしまいました.
書籍は単体で買うと3,200円もするので相当お買い得です.

ちなみに,この破格は3000本限定だったらしいのですが,
なぜいまだに残ってるのかは謎です.

box_poser.jpg

box_poser_ura.jpg

買っちゃった!
 ・「Poser 6 日本語版 書籍バンドル キャンペーン版 for Windows」
 ・「Poser フィギュアパック テライユキ2」
あわせて\13,900.


僕とPoserとの出会いは「ぽざまん」というサイトでした.
高専1年生のとき,授業中に『面白いページ』というキーワードで検索して見つけたサイトです.
当時の「ぽざまん」は,Poserによって作られた全裸で筋肉ムキムキの無機質な3DCGキャラクタが
たくさんでてくる漫画やGIFアニメでいっぱいの,かなり異様なサイトでした.
ちょうど「超兄貴」を思い浮かべてもらうといいです.

インターネットを始めたばかりの16歳の少年にとって,そこに心を掴まれる何かがありました.
素敵なアホ世界に取り込まれ,「いつか自分も!」と思ったものです.(現在の「ぽざまん」は,
当時に比べるといささか筋肉成分が減ったようですが,本質的な部分は何一つ変わってなかっ
たので安心しました.)

あれから10年経ちました.ついにやるときがきました(遅すぎ).


あ,ちなみに最初から「変なCGが描きたい」という目的があったわけじゃありません.
論文や発表スライドで使う説明図を描くのに便利そうだなと前から思ってたんです.

画才のあるひとは自分でマウスなりペンタブなりを使ってちゃっちゃと
やってしまうところですが,僕のような「そうでない人」はそうはいきません.
素人でも簡単に人体のポージングができるのがPoserの魅力なのです.

ま,研究に使う素材にテライユキ↓が必要かと聞かれれば,それはまた別の話ですが.

box_teraiyuki.jpg

さて.

Poserの画面はこんな感じです.当方デュアルディスプレイ環境なので,左にインターフェース,右にモデリング画面ってな具合に贅沢に広々と使ってます.

using_poser.jpg


僕がPoserで最初に作った作品がこれです↓

poser_hitmankill.jpg
作品No.1 『ヒットマン、闇討ちさる』

後ろからテライユキが「アチョー」.左のオッサンがゲーム『Hitman』に出てくる主人公・コードネーム47に似てたので,勝手にヒットマンって呼んでます.髪パーツがずれて完全にヅラと化してます.

こんな風にあらかじめ人体のモデルとポーズが用意されているので
組み合わせること10分程度でできてしまいます.

気にいったのでデスクトップの壁紙にしました.
(クリックで1024*768サイズ.お持ち帰り自由)

研究しなさい
「しないとこうなるわよ」


Poserのインターフェースは,Shedeなどの本格仕様のソフトと違って
ほとんど直感的にいじれる簡単さがウリです.
先輩にこんなこともできるんですよーとか言いながら作った2作目がこれ↓

rachi_dog.jpg
作品No.2 『拉致される犬』


もちろんUFOに

ポーズだけでなく表情も変えられるので,飼い犬を拉致される飼い主の心情を表現してみました.
Poserには,犬とか猫とかカエルとか動物系も用意されています.
こうしたオブジェクトのデータは有償あるいは無償で提供されています.


…というわけで

Poserは本当にいいものですよ!
簡単操作で,とにかくやりたい放題できます.

Shadeみたいな本格ソフトは自分にはちょっと敷居が高いなって思ってる方におすすめです.ちなみに近々発売される最新版(Poser7)には音声にあわせて口パクをやる機能なども搭載されているみたいです.


今回はAmazonで買いました↓

Poser 6 日本語版 書籍バンドル キャンペーン版 for Windows
Poser 6 日本語版 書籍バンドル キャンペーン版 for Windows
イーフロンティア 2006-03-31
売り上げランキング : 1045

おすすめ平均 star
starおもしろいソフトです
star安い!

Poser フィギュアパック テライユキ2
Poser フィギュアパック テライユキ2
イーフロンティア 2005-12-22
売り上げランキング : 1097





変なマグカップ
いつものヴィレヴァンで変なマグカップを見つけたので
研究室でコーヒーを飲む用に買ってきました.

cap_box.jpg
その名も「ご使用上の注意」マグカップ.お値段\609なり.

どのあたりは変なのかは↓で.


[続きを読む...]
僕が行き着いた究極のToDoリスト
今日は超個人的なLifeHack的ネタでも.

皆さんはToDoリストというものを使っていらっしゃいますか.
いわゆる「やることリスト」ってやつです.

これまで紙媒体ではカレンダーやメモ帳,PC媒体ではあらゆる付箋ソフトを試しましたが,
現時点で僕が到達した究極の方法(笑)がこれ↓

アイコン

アイコン

ToDoリストというものは,視界に入らなくてもいけないし,かといって入りすぎるとウザイもの.
アイコンならば自然にデスクトップに溶け込める上,タスクが増えたらアイコンも増えて適度な
不快感を演出してくれる(→「あー仕事やらなくっちゃ」と思う).で,タスク終了後にはそれを文字通り
「"ごみ箱"にポイ」するわけだ.ペーパーレス!環境にも優しいぞ!

やり方は超簡単.デスクトップ上で右クリック→「新規作成」→「テキストドキュメント」→適当なタスク名を付けて保存.これだけ.中身に何も書かなければファイルサイズは0バイト.

で,ふとアイコンがそっけなくて寂しいと思ったので,
専用の拡張子「*.do」を割り当ててアイコンを表示させてみることにした.

kuma_icon.png

やることが山積みだクマーー!!

(追記)
せっかく拡張子登録したので右クリックメニューからいじれるようにしました.

kuma_icon2.png
タスクの詳細が見れます.
って,いわずもがな,ただのテキストエディタで開くだけなんですけど


まぁ実際のところ,本質的に仕事の効率がよくなるかは別です.
一日の大半はPCに向かっているのでこれが都合いいだけです.
だいたいこんなアホな方法,他に誰もやってないと思います(多分).

本当に効率上げたければ,カレンダーに書き込むのがベスト.
時間的強迫観念があるので割と効果的.
(逆に「あーまだ大丈夫かぁ」と安心してしまう作用もありますが)


(おまけ)
過去にはTagPetanという付箋ソフトを使ってました.
研究室では僕が率先して普及活動してました.
アレはかなり良いソフトですよ.今じゃ使ってないですけど.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。