カレンダー

07月 │2008年08月│ 09月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

 プロフィール

はしもと

Author:はしもと
ユーザインタフェース系のお仕事をしてます.関心領域は画像処理,拡張現実感,ヒューマンコンピュータインタラクション,エンタテインメントコンピューティングあたり.モノ書きもやってます.

 工学ナビ

工学ナビは工学系の技術のチュートリアルを扱うサイトです.

 作ったもの

 Twitter

 

 天気予報


 ブログ内検索

 カテゴリー

最新コメント

 RSSフィード

 リンク

このブログをリンクに追加する




工学ナビの中の人 はしもとのブログです. いろんなコトを研究的,工学的な視点で見つめます.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拡張現実感システムを使って実世界でスターを集める「電脳スターラリー」
先日の勉強会で実世界はてなスターのお話をしてくださった佐藤さんから
明日(8/30~),面白いイベントを開催しますよという情報をいただきました.
その名も「電脳スターラリー」.

世界初!電脳メガネ de 24時間自転車旅行!
http://d.hatena.ne.jp/gaziro2000/20080819

電脳スターラリー 公式サイト
http://star.yuiseki.net/

ジオクリを使って実世界の緯度経度上にみんなで「スター」を登録して,それを電脳メガネを
つけた人が自転車に乗って24時間回収してまわるというなんとも面白そうなイベントです.
スターを拾って一定時間は無敵ですのでプレイヤーに近づいてはいけません.

WEBからリアルタイムで閲覧できる仕組みになっている模様.
8/30朝の時点で観戦をオープン予定だそうです.

注目のポイントはこちら↓


◆特徴3!(Hacker's Cafeメンバー id:ksasao)
  その際に、ARビュワー(つまり電脳メガネ)をかけて走ります。
  実世界の中に、みんなが置いてくれた☆が見えるという事です。

◆特徴4!(Hacker's Cafeメンバー id:yuiseki)
  ☆を取得すると、ボクのTwitterから。
  @twitterID さんの置いた 神奈川県藤沢市湘南台 湘南の星 ゲットしました!
  と自動的に発言します。

◆特徴5!(Hacker's Cafeメンバー id:akio0911)
  ボクの緯度経度、頭の方角をリアルタイムに伝え、
  皆さんが見ている、GoogleStreetViewで再現します。
  つまり、ボクの走っている風景をバーチャル体験できます。(ホントカ?)


いまの技術でできることを積極的に実践していく精神には感服です.
特にGoogleStreetViewはこういう使い方を待っていた(というかやりたかった).

いずれもっと回線が太くなれば,ステレオ視とかステレオ音をリアルタイム配信して
より没入感のあるものが楽しめるようになるんでしょうね.自宅でHMDかぶって
テレプレゼンス的なものが.


スポンサーサイト
OpenCVだけで実現する微速度撮影
このあいだのCV・ARの勉強会で友人hiroが発表した「WebカメラとOpenCVで実現する微速度撮影」
のソースコードがwikiのほうに上がってます.興味のあるひとはお試しあれ.
(どうもありがとう!>hiroさん)

hiro | OpenCVだけで実現する微速度撮影ソースコード

こんな感じの映像が作れます.直接動画ファイルで吐けるのがOpenCVのいいところ.
ちなみに彼の自宅からの眺めだとか.



水槽に絵の具を垂らしたときみたいに雲が流れていきます.
研究室の風景とかを微速度撮影してみると楽しいです.


VR学会の特別セッションに電脳コイルの磯光雄監督が来るよ!
9月に奈良先端大で開催予定のVR学会でなにやら面白い企画が予定されてますよ.
(そういえば,誰かさんも発表予定でしたね)

日本バーチャルリアリティ学会第13回大会 イベント情報
http://www.vrsj2008.org/pub/SpecialSession.php


「アニメ『電脳コイル』が描くリアルとバーチャルの接点」(仮題)
コーディネータ:田村 秀行(立命館大学)
特別ゲスト:磯  光雄(原作・脚本・監督)
コイリスト:稲見 昌彦(慶応大学)
コイリスト:蔵田 武志(産業技術総合研究所)
コイリスト:酒田 信親(大阪大学)
「メガネをかけてログインすると,現実世界に重なって電脳物質が見える…」 そんな近未来の複合現実世界を描いた人気アニメ『電脳コイル』を取り上げ,原作者である礒光雄氏と,電脳コイル探偵局の面々(コイリストたち)が語り合う特別企画セッションです.若手『電脳コイル』フリーク達が選んだ代表シーンを分析し,そこからVR/MR研究が目指すべき挑戦課題を探ります. 

※一応,学会の特別セッションなので,学会の参加登録が必要になると思います.


特別ゲストに磯監督! マジか! とんでもないゲストを用意しましたねこりゃ.かつてMRシステム研究所を率い,現在もMR研究の最前線にいらっしゃる田村先生をコーディネータに,光学迷彩などのユニークな研究でおなじみの稲見先生や,この分野でこの人を知らない人はモグリというくらい有名なスーパー研究者・産総研の蔵田さんらを交えたスペシャルトーク! これは見逃せません.


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)  <おっとそれ以上は・・・
. |     (__人__)____
  |     ` ⌒/ ─' 'ー\    個人的には加藤先生も交えて
.  |       /( ○)  (○)\   最近のARブームの話をしてくださると
.  ヽ     /  ⌒(n_人__)⌒ \  本の売りあg・・・
   ヽ   |、    (  ヨ    |
   /    `ー─-  厂   /
   |   、 _   __,,/     \


工学ナビのARToolKit本が発売になります
勉強会では一足先にお知らせしましたが,僕が書いたARToolKitの本が(ようやく)出ます!

メタセコイアで作った3Dモデルの表示のさせ方はもちろん,3Dアニメーションの表示のさせ方,
OpenCVとの連携・・・などなどたくさんの情報を網羅しました! (※書籍用にGLMetaseqを新しくしました)

もちろんARToolKit開発者の加藤博一先生公認です!
「OpenGLなんて使ったことがないよ!」という人のためのOpenGL入門も入ってます!
より凝ったプログラムを作るための上級テクニックも網羅してます!
書き下ろしのネタプログラムをソースと実行動画をセットにしてご用意!
さらにはARToolKitのアルゴリズムの解説も収録!

というわけで予約受付中です!

ニコニコ動画で紹介されているようなプログラムを作ってみたい人はぜひ手にとってみてください.


【書籍名】  3Dキャラクターが現実世界に誕生! ARToolKit拡張現実感プログラミング入門
【出版社】  アスキー・メディアワークス
【発売日】   9月18日
【本体価格】 3,129円 (税込)



「コンピュータビジョン・拡張現実感に関する普通じゃない勉強会」を開催しました
ただし1週間前に.(そこ石投げないで!)


参加者の皆様,本当にどうもありがとうございました!

いろいろとバタついたり不手際があったりしてご迷惑をおかけしましたが,なんとか無事に
終了することができました.スタッフとしてご協力いただいた方々にも感謝です.

遅ればせながら幹事の視点で感想を書いてみたいと思います.


■コトの発端

このつぶやきがすべてのはじまりでした.

企画段階では,masayashiさん,dandelionさん,かえるさんに大変お世話になりました.
趣旨決定や,運営のアドバイス,会場の手配などたくさんのご協力をいただきました.

ネットやブログがなければ,彼らとは知り合わなかったであろうことを考えると,
やっぱりネットの力って計り知れないなと思いました.


■参加者の顔ぶれ

学生,企業の人,大学の先生の割合がだいたい6:2:2という感じでした.
というわけで,masayashiさんとdandelionさんから抗議をいただきました.

masayashiさん

なぜか学生は半数強で、他は企業さんや大学教授がひしめくというすばらしい環境でした。
まんまと釣られたmasayashiさんとdandelionさんは本当にお疲れさまです。

dandelionさん
そして,「普通じゃない勉強会」というイベント名にふさわしくARToolKit,OpenCV,Gainerは知ってて当たり前という普通じゃない人たちが集まっていたようです(あれ?聞いていた話では初心者が多いってことだったような。。。)


べ,べつに釣ったわけじゃないんだからねっ!(お詫びして訂正します)

最初の段階では学生さんとか入門者的な人のパーセンテージが半分くらいだったので
「そういう感じですから気軽にどうぞ」と連絡してたんですよ.

でも後半になって気が付いたら企業の人とか大学の先生の割合が増えていて
文字通り「普通じゃない」集まりになってました.まさに嬉しい誤算でした.

で,凄い人たちのことはお忍びということであえて秘密にしてたんですが……
あれ? もしかしてこういうのを釣りっていうんですかね?(笑


■発表の募集

開催1ヶ月前に発表募集という無茶なスケジュールだったのがいけなかったんだと
思うんですが,当初,発表者の集まり方がローペースでかなりヒヤヒヤしました.

最終的には10人というたくさんの発表者に恵まれたのですが,気が付いたら
「もしかしてこれじゃ時間が足りない!?」という状況になってて調整でバタバタ.

タイムテーブルもかなりギュウギュウになって進行中も結構ヒヤヒヤでした.
遅れが出るのは想定内だったのでそこまで問題はありませんでしたが.

こういう反省点を次に活かしたいです.


■イベントのプロデュースは大変だけどそれ以上に楽しい

本当にやれるのか,人は集まるのか,などいろんな不安があったのですが
「やります!」とスタートを切ってしまえば後はなんとでもなるものですね.

日付と場所を決めるのが一番大変でした.初回でどのくらい人が集まるのか未知数だったので,
最悪の場合は少人数で居酒屋OFF会にしましょうか,というかなり控えめなノリでやっていました.
なので40人以上も集まったときは本当に驚きました.

場所が東大に決まってワーイとか言っていたんですが,開催直前になって会場に
爆破予告が出されまして,急遽変更になりました.参加方法や会場準備の再調整で
バタバタしたのを覚えています.今となっては半分ネタですが,人に迷惑をかけるのは
やめて欲しいものです.犯行予告はダメ,ぜったい.

「普通じゃない」演出として,特製のネームタグとパンフレットを参加者全員に用意しました.
配布物の製作は後輩を巻き込んでの徹夜の大作業でしたがデザインしてるときは楽しくてしょうが
なかったです.みなさんに喜んでいただけたようで感無量です.


■参加レポありがとうございます

内容とかの話は他の参加者の方が書かれているのでそちらをご参照くださいー

CV・ARに関する普通じゃない勉強会 - 毛の生えたようなもの
dandelion's log ≫ CV・ARに関する普通じゃない勉強会
CV/ARに関する普通じゃない勉強会で発表してきました| 王様の箱庭
コンピュータビジョン・拡張現実感に関する普通じゃない勉強会に行ってきました+α - まちみのな@はてな
「コンピュータビジョン・拡張現実感に関する普通じゃない勉強会」に行ってきた - 6sese.memo
コンピュータビジョン・拡張現実感に関する普通じゃない勉強会に行ってきました - momo_dev(k.kinukawa)の日記
普通じゃない勉強会に参加しました - progd
CV・ARに関する普通じゃない勉強会に参加してきました - 現実++ 「現実だけじゃ物足りない」
タロタローグ ブログ | 「コンピュータビジョン・拡張現実感に関する普通じゃない勉強会」に参加してきました。
SharpLab. - CV・ARに関する普通じゃない勉強会行ってきました。


というわけで,ぜひまたやりたいですね!


お盆休みですね
大学はお盆休みってことでセミがみんみん言ってる以外はしーんとしてます.

いろんなことが一気に終わって半分機能停止中です...眠い.
作業の合間にだらだらとネットサーフィン(死語)してました.主に はてぶ界隈.

こんなダラダラっぷりだから,みんなから「Twitterやりなさい」 とか
「RSSリーダくらい入れたらどうなんですか※」 とかよく言われます.
 (※勉強会でkaeruさんたちにツッコまれた)

うーんなんだこの五月病に似たけだるさは・・・ねむ・・・・ん?

早く原稿の校正の作業に戻るんだ!

ぎゃー


とりいそぎ

8/9に東京で勉強会をやりました.んで,
昨日の夜(8/12)に北九州に帰ってきました.

勉強会の翌日は,某所で謎の合宿に参加して,
そのまた翌日(8/11)は新宿で遊んだりメイド喫茶めぐりしたりして,
さらに当初の予定を変更してもう1日東京に滞在しました.

お盆だってのに現在もやることをいくつか抱えているので
ちょっと休んだらいろいろ書きたいと思います.

(レポが遅いのはいつものことですが! ごめんなさいごめんなさい)

---

勉強会に参加してくださった皆様,本当にありがとうございました.
それと勉強会のレポートを書いてくださった皆様,大感謝です!
取り急ぎ,お礼をば.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。