カレンダー

09月 │2017年10月│ 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 プロフィール

はしもと

Author:はしもと
ユーザインタフェース系のお仕事をしてます.関心領域は画像処理,拡張現実感,ヒューマンコンピュータインタラクション,エンタテインメントコンピューティングあたり.モノ書きもやってます.

 工学ナビ

工学ナビは工学系の技術のチュートリアルを扱うサイトです.

 作ったもの

 Twitter

 

 天気予報


 ブログ内検索

 カテゴリー

最新コメント

 RSSフィード

 リンク

このブログをリンクに追加する




工学ナビの中の人 はしもとのブログです. いろんなコトを研究的,工学的な視点で見つめます.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EYETOYで遊ぶ
プレステ2用のカメラ「EYETOY」を中古で980円で購入.
ドライバを入れればPCでも利用可能と聞いていたので
さっそく試してみました.

eyetoy1.jpg

安定感のあるカタチがまたいいですね.使いやすいです.
ドライバは「EYETOY ドライバ」とでもググればすぐに見つかります.

eyetoy2.jpg

AmCapで撮影してみたところ.
いいじゃーんこれ.新品で買っても2980円だとか.
その値段でこの写りは反則じゃないか!
ちなみにフォーカスは手動で,ホワイトバランスは自動です.

warai_eyetoy.jpg

ひさしぶりに笑い男になってみた.
PCのスペック良すぎて文字の回転速すぎ…
ちゃんとタイマ処理しとくんだったな.

* * *

OpenGLの本のはなし.

「OpenGL リファレンスマニュアル」(通称「青本」)を購入しました.
ちょっと前はどこも在庫なくて入手できなかったのですが,
最近また復活してたようなので注文して今日来ました.

OpenGLリファレンスマニュアル: OpenGL Architecture Review Board,アクロス
book_cover

すさまじく高い(8300円).

軽く読んでみましたが,ほんとにただの「関数の説明書」なので
「OpenGL プログラミングガイド」(通称「赤本」)だけで十分です.
赤本のほうにも関数の解説は載ってます.
「赤本」から関数の説明だけを抽出したのが「青本」という感じです.
ただ,「赤本」はもっと高くて1万2000円するんですが….

OpenGLプログラミングガイド 第2版―The Official Guide to Learning OpenGL,Version 1.1: Mason Woo,Tom Davis,Jackie Neider,OpenGL Architecture Review Board,アクロス
book_cover


赤本は高いけど内容はちゃんとしてますよ.
ネットで無駄な検索するまえに目を通したい本です.
ちなみにOpenGLの入門書はこちらがオススメ.

OpenGLによる3次元CGプログラミング: 林 武文,加藤 清敬
book_cover


OpenGLの入門書じゃこれが一番なのでは.
この本と「赤本」とネットがあればほとんどのことはできます.
しかし本ばっかり増えていくな…(ちゃんと使ってるけど)


この記事に対するコメント

下の本は私も持ってるけど,眠ってるなぁorz
ちゃんと資源を活用しないとね!
【2006/06/20 18:57】 URL | hiro #Hj1FNbYI [ 編集]


>hiroさん
「OpenGLによる3次元CGプログラミング」はまともな入門書ですよ.
1ページ目からトレースしていくとちゃんとできるようになります.
(読者にそういう気にさせることができてる本って珍しい・・・)
【2006/06/22 03:44】 URL | なおき #F54KmX5Y [ 編集]




この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kougaku.blog28.fc2.com/tb.php/165-9094ee79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。