カレンダー

04月 │2017年05月│ 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 プロフィール

はしもと

Author:はしもと
ユーザインタフェース系のお仕事をしてます.関心領域は画像処理,拡張現実感,ヒューマンコンピュータインタラクション,エンタテインメントコンピューティングあたり.モノ書きもやってます.

 工学ナビ

工学ナビは工学系の技術のチュートリアルを扱うサイトです.

 作ったもの

 Twitter

 

 天気予報


 ブログ内検索

 カテゴリー

最新コメント

 RSSフィード

 リンク

このブログをリンクに追加する




工学ナビの中の人 はしもとのブログです. いろんなコトを研究的,工学的な視点で見つめます.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C言語でQRコードマスターになる
QRコードというと,ぐるなびやホットペッパーの情報を携帯に送るときくらいしか
使わないんですが,技術的になかなかのもんだと思うので,もっと遊んであげたい!
というわけで,それC言語でやってみよう.


■ QRコードを読むためのC言語ライブラリ (デコーダ)

 libdecodeqr
 http://trac.koka-in.org/libdecodeqr

Windows(VC)用のプロジェクトとUnix用のMakefileが用意されてます.
画像処理はOpenCVベースになっているため,OpenCVが別途必要.


■ QRコードを作るためのC言語ライブラリ (エンコーダ)

 libqrencode
 http://megaui.net/fukuchi/works/qrencode/index.html


つい最近,最新版がリリースされました.一応Unix環境でのコンパイルを推奨されていますが,
適当にやったらVC++6.0でもコンパイルできました.このライブラリ自体はQRコードのデータを
作るライブラリなので画像出力するには別途ライブラリが必要です.OpenCVでも可.


これでQRコードを読み描きできるぜ! ライブラリの作者さまに感謝!

ARToolKitと組み合わせると,「QRコードを読むことで,ネットにUPされている3Dモデルが
自動的にダウンロードされて,そこにモデルが重畳表示される
」アプリケーションが作れます.
たぶん.きっと.

読み描きが両方できるようになったから,両方使った遊び(コミュニケーション)ができないか考え中.
QRコードの読んで描いてをみんなで延々繰り返していったら面白いかなーとか思ったけど,
埋め込める情報量の限界や提示方法を考慮すると難しいかな.
(でもって楽しみどころがよくわからない罠)


この記事に対するコメント



この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kougaku.blog28.fc2.com/tb.php/276-3bc666c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。