カレンダー

09月 │2017年10月│ 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 プロフィール

はしもと

Author:はしもと
ユーザインタフェース系のお仕事をしてます.関心領域は画像処理,拡張現実感,ヒューマンコンピュータインタラクション,エンタテインメントコンピューティングあたり.モノ書きもやってます.

 工学ナビ

工学ナビは工学系の技術のチュートリアルを扱うサイトです.

 作ったもの

 Twitter

 

 天気予報


 ブログ内検索

 カテゴリー

最新コメント

 RSSフィード

 リンク

このブログをリンクに追加する




工学ナビの中の人 はしもとのブログです. いろんなコトを研究的,工学的な視点で見つめます.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デバッグ中
ARToolKit特集記事で配布してるGLMetaseq.hとGLLight.hをいじりなおしてます.
OpenGL習い始めのときに書いたものだから今読むとキャーなところがいろいろと.

致命的なバグだけ報告しておくと,法線方向が逆でした.
光当てたら裏側が光ったりしてました.アチャー

簡単にいじれる+改変したい人のための読みやすいソース+新機能
という方針でいじってるのでまだかかりそうです.

BBSとかに「動きません」とか「わかりません」の書き込みとかはしょっちゅう
来るのに,「ここ間違ってますよ」とか「ここおかしくないですか?」な書き込み
がないのが残念.

なにか気づいたらひとこと言ってもらえると助かります.
よろしくお願いします.

あ,それと,ARToolKitは「C言語」のためのライブラリです.
記事中で「VisualC++を使用しました」とは書きましたが,
「C++でないといけません」とはどこにも書いてません.
ニコ動とかいろんなところで「C++か…ワカンネ」なんてコメントを
よくみかけるのですが,Cがわかってりゃ大丈夫ですよ!
よく見て!サンプルソースは「*.c」ですよ!

そもそもC言語の感覚のまま,C++を使うことはなんら抵抗は
ないと思うんですが… クラスを作る側ではなく使う側でいるうちは
それでいいかと.…まさかそれ以前にCがわからないというオチ?


この記事に対するコメント
MQOローダ
私もMQOローダなヘッダファイルを拝借して動画を作ったりしていますが、見た人に「表示が変だ」とは言われても、その原因の在り処が良く分からなかったりします。自分の使い方がおかしいのかな?とあちこち弄ってみて治ったように見えたり見えなかったり。
【2008/02/02 13:42】 URL | hoge #v0W2OX1k [ 編集]

VRML
ARToolKitにはVRML97を読み込む為の準備があり、メタセコからはVRML97が書き出せるフリーのプラグインがあります。また簡単なVRMLモーションを作成できるフリーソフトもあります。
MQOファイルを直接扱うメリットは何でしょうか?
【2008/02/07 03:44】 URL | ほよよ #z8Ev11P6 [ 編集]

ごめんなさいごめんなさい
> hogeさん
ごめんなさい.OpenGLの勉強が足りず,いろいろと穴が開いてます.
【2008/02/07 04:23】 URL | なおき #F54KmX5Y [ 編集]

ありがとうございます
> ほよよさん
情報ありがとうございます.
お恥ずかしい話,「メタセコからはVRML97が書き出せるフリーのプラグイン」のことを
「知らなかった」というだけです.調べてみましたが,VRML97エクスポーター
http://www.vixar.jp/metaseq/) のことでよろしかったでしょうか?

>また簡単なVRMLモーションを作成できるフリーソフトもあります。
なんと! 具体的なソフト名を教えていただけると幸いです.
VRMLことは存在を知ってるだけであまり詳しくないのですが,
VRMLの中にモーションのデータも入ってしまっている,という理解で
良いでしょうか?

> MQOファイルを直接扱うメリットは何でしょうか?
こうなるとあまりメリットが感じられませんが,しいて言うなら「直接扱えること」自体がメリットでしょうか.

# MQOローダは勉強をかねてやっていたものなんですが,
# MQO&モーションローダのC++ソースを手に入れたのでローダ作りは
# 適当なところでやめたいと思います.あと本業に忙殺されそうなので...
【2008/02/07 04:28】 URL | なおき #F54KmX5Y [ 編集]

何をしたいか、勉強したいかで変わる
とにかく既成物だけで何かアニメーションができれば良いというなら、MQOファイルを直接扱うメリットは無いかも。
自分はプログラム内で動的に動きを変えたい、実行時にモーションを自在に操りたいので、既成モーションの再生だけでは足りないです。必要なのは3Dモデルの構成データだけなので、MQOファイルを直接使えた方が都合がいい。プログラムからMQOを利用するための基本情報の提供は、ありがたいです。

> ニコ動とかいろんなところで「C++か…ワカンネ」なんてコメントを
> よくみかけるのですが,Cがわかってりゃ大丈夫ですよ!

人は自分の理解の範囲内で「分かる」「分からない」を言うから‥例え二人の人が同じように「分かった」と言っても、実際の理解内容が同じとは限らず。C++を少しでも知っていればそれがCの表記で書いても問題ないものと分かるけれども、本当に全く知らない人は「Cの知識は全く使えないもの」と理解していても不思議ないです。後者の場合、「ワカンネ」で終わったり‥
【2008/02/07 05:13】 URL | hoge #k90qGFJ2 [ 編集]

ARToolKitでVRML
お返事ありがとうございます。
最初にお断りしておきます。私はC++はおろか、Cさえ知りません。
正月休みに「工学ナビ」サイト様で、この愉快なKitを知り、弄りはじめました。感謝。
内容は正確ではないかもしれません。ご了承ください。

>なんと! 具体的なソフト名を教えていただけると幸いです.

ニコニコ動画に下手な解説動画をUPしておきました。眠くてgdgdな内容ですけど・・・。
sm2268743

私がC++を習得して、何か貢献できるのは少なくとも今年いっぱいくらい勉強しないとダメそうです・・・。今が旬ぽいだけに残念。

OpenなARToolKitが益々盛り上がることを期待しています。
【2008/02/07 13:23】 URL | ほよよ #z8Ev11P6 [ 編集]


hogeさん>
おっしゃるとおりだと思います。
連番アニメには無理がありますし、ロマンがありません。例えばマーカーでオブジェクトを多軸にコントロールするには、パラパラアニメでは無理があります。
VRMLをWebブラウザなどからJavaスクリプトでコントロールする方法はあちこちでみかけますので、cからマーカーでコントロールするくらいのことは出来るんじゃないかな?って思って探していますが・・・まだよくわかりません。
【2008/02/07 13:47】 URL | ほよよ #z8Ev11P6 [ 編集]


> ほよよさん
どうもありがとうございました.
【2008/02/10 09:08】 URL | なおき #F54KmX5Y [ 編集]

mqoLoadTexture
GLMetaseq.h使わせてもらっています。ありがとうございます。
mqoLoadTextureですが、Mac環境でコンパイルするため、下記のように変更して使っています。(BITMAPFILEHEADER等がWindows依存のため)
---
unsigned char s[4];
...
fseek(fp,18,SEEK_SET);
fread(&s[0],1,1,fp);
fread(&s[1],1,1,fp);
fread(&s[2],1,1,fp);
fread(&s[3],1,1,fp);
size = (s[3] << 24) + (s[2] << 16) + (s[1] << 8) + s[0];
fseek(fp,14+40, SEEK_SET);
---
数値埋め込みで適当すぎですが、ご参考まで。
【2008/02/10 19:30】 URL | t-araki #- [ 編集]


> t-arakiさん
参考になるコメントありがとうございます.
ビットマップのヘッダ情報の扱い(ご指摘のBITMAPFILEHEADERなど)に
悩んでいまして,そのためだけにwindows.hを読み込んでる始末です.
どのみちサイズ情報しか取得してないので,うまいこと修正したいと思います.
(LinuxやMac環境への配慮も大事ですね!)
【2008/02/11 02:53】 URL | なおき #F54KmX5Y [ 編集]




この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kougaku.blog28.fc2.com/tb.php/279-79a1b91b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。