カレンダー

10月 │2017年03月│ 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 プロフィール

はしもと

Author:はしもと
ユーザインタフェース系のお仕事をしてます.関心領域は画像処理,拡張現実感,ヒューマンコンピュータインタラクション,エンタテインメントコンピューティングあたり.モノ書きもやってます.

 工学ナビ

工学ナビは工学系の技術のチュートリアルを扱うサイトです.

 作ったもの

 Twitter

 

 天気予報


 ブログ内検索

 カテゴリー

最新コメント

 RSSフィード

 リンク

このブログをリンクに追加する




工学ナビの中の人 はしもとのブログです. いろんなコトを研究的,工学的な視点で見つめます.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Picopon:ピコプロジェクタとWiiリモコンで作る変なガジェット
第参回天下一カウボーイ大会180ロデオで発表しました!
一般の部で優勝しました!

というわけで,発表内容+αをここで紹介したいと思います.


■超小型プロジェクタが注目を浴びている!

昨年のCEATEC JAPAN 2008ではドコモがプロジェクタを搭載したケータイの試作機
展示していたり,今年の8月上旬には,ニコンが世界初のプロジェクタ内蔵デジカメ
発表したりと超小型プロジェクタが世間をにぎわしています.

一方で,PCに繋げられるピコプロジェクタはいろいろ出ているのですが,
なかでも アドテックの AD-MP15A などは2万円弱で買えてしまえる代物です.
すごい時代になりました.

そこで今回は「手で持って使うプロジェクタはどんな使い方ができるか?
というところにフォーカスして,変なガジェットを作ってみました.


■Picopon(ピコポン)

picopon_ver3_1.jpg

これがPicoponです.Wiiリモコンとピコプロジェクタを合体させたデバイスです.
ガンの部分はサードパーティ製のWiiザッパーを改造して作ってます.

物騒な形をしてるので審査員の水口哲也さんから
「空港とかじゃ使えないですね(笑)」ってツッコまれました(笑)

picopon_overview.png

壁に取り付けた赤外線LEDをWiiリモコンでトラッキングします.
これにより,本体の移動量を計測することができるので,
それに応じた映像をプロジェクタから出力します.

picopon_LEDPIN.jpg

これが壁に取り付ける赤外線LEDです.ボタン電池で駆動します.
赤外線なので,LEDが光っているのは人間の目には見えません.

ポスターを固定するピンのような使い方をするので「LEDピン」と呼んでいます.

# Wiiリモコン側に赤外線光源を取り付けて,ピン側をLEDをやめて再帰性反射素材にすれば,
# ピン側はバッテリレスにできます.要は光学式モーションキャプチャと同じ原理ですね.
# まぁ,それは今後の課題ということで.


■デモ動画



通常,1つのプロジェクタの表示領域の大きさは限られていますが,Picoponでは
プロジェクタそのものを動かすことによって,範囲外の見えない部分を見ることができます.
あたかも映像がピンで壁に固定されているかのように見えます.

トリガ(Bボタン)を引くと落書きができます.
レーザーポインタを使うときのように,本体を動かす操作によって絵が描けます.
ここでは表示している映像に対する落書きですが,実世界に置いてある物体に
対して注釈を書いたりというAR的な使い方もできますね.


■製作過程

プロジェクタとWiiリモコンの固定についてはあれこれ悩みました.

picopon_ver1.jpg

一番最初に作ったのはプロジェクタの側面にWiiリモコンをつけた
バージョンです.あまりかっこよくないですね.

picopon_ver2.jpg

次に作ったのはハーフミラーを使ってプロジェクタとWiiリモコンの光軸を合わせたバージョンです.
この仕組みだと光学的に都合がよいのですが,いろいろあって今回はナシにしました.
(今後またやるかも)

picopon_ver3.jpg

最終的にはWiiリモコンの上にプロジェクタをのっけることにしました.おかげで十字キーと
Aボタンが使えなくなりましたが,一番安定した形なので気に入っています.


■名前の由来

Pico-projector and Wii Remote Controller

の略です.ややこじつけですが,親しみやすいかわいい名前にしたかったので
こうしました.厳密には「Wiiリモコン」は英語では「Wii Remote」なので「on」の
音は入っていないのですが,この際そんなことはどうでもいいですね.


■@第参回天下一カウボーイ大会

第参回天下一カウボーイ大会180ロデオで発表し,
一般の部で優勝をいただきました.

技術的な可能性やゲームやエンタテインメントへの応用など
たくさんのコメントをいただきました.ありがとうございます.

僕が一番伝えたかったのは「Wiiリモコンとプロジェクタを使って
こんなに面白いことができるんだ!」ということだったんですが
皆さんにそのメッセージを伝えることができたようで嬉しかったです.

参加者の皆様,審査員の方々,スタッフの方々
ありがとうございました.2日間お疲れ様でした.


【追記】
今回,下記の本を片手にプログラミングしました.本当にいい本です.

WiiRemoteプログラミング
WiiRemoteプログラミングオーム社開発部

オーム社 2009-07-25
売り上げランキング : 2428


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Wii Yourself!DxLib を使ってC++で書いたんですが,
ライブラリのおかげで実質200行くらいしかコード書いてません.
「挨拶とコードは短いほうがいい」って言いますしね!


この記事に対するコメント
なんだか懐かしいのに新しい!
コレは確かにアイディアですね~
どこかで見たような部品たち(ボタン電池+LEDとか)も居ますが、
トータルの衝撃はすごい!
Wiiザッパーの操作性もよさそうw

Wiiリモートって、普通に赤外線カメラとして使えるんですかね?
動画を見ると、柱につけたLEDの並びは自由な感じですね。

何はともあれ、優勝おめでとうございます!
【2009/08/31 21:15】 URL | hiro #Hj1FNbYI [ 編集]


hiroさん,どもです!

これやってみるとわかるんですが,いろいろと技術的に工夫のしがいがあって
チャレンジャブルなところが面白いです.ちゃんと3次元計測やったり,
IR-LED点滅させてID識別いれたり,点の並びから情報を生成したり
なんていうことをやればもっと面白いことができちゃう.

>Wiiリモートって、普通に赤外線カメラとして使えるんですかね?
>動画を見ると、柱につけたLEDの並びは自由な感じですね。

赤外線カメラではあるんですが,画像ではなく光点の座標値が出力されます.
要はモーションキャプチャ用のカメラですね.それがBluetoothつきで3500円
程度で手に入るのだから驚きです.

ただ同時に計測できるのは4点までらしいです.なので現状の実装では
カメラの視野内に一度に5個以上入らない,という条件のもとでやってます.
この辺はアルゴリズム次第ですね.

点の配置はテキトーでもOKですが,そこに制約を与えてやれば
3次元計測がさくっとできますね.
【2009/08/31 21:45】 URL | はしもと #F54KmX5Y [ 編集]


橋本さんの発表のとき、下手に控えていたので見られなくてとても残念でした!
おめでとうございます!!
【2009/08/31 22:54】 URL | kaiseh #- [ 編集]


コメントありがとうございます! そちらこそ総合優勝おめでとうございます!
Blogopolis最高です! なによりかっこいいところがいいですね.
次はぜひ「炎上」と「延焼」,「ピンク街」の可視化もお願いしますw
【2009/08/31 23:47】 URL | はしもと #F54KmX5Y [ 編集]

これはイイ!
これは面白い!!!
いろいろと応用が効きそうです。

個人的なシュミとしては、投影画像を矩形ではなく円形(周囲を黒く潰す)にするとよりアヤシゲになりそうな気がします(笑)

ともあれ、優勝おめでとうございます!
【2009/09/01 09:59】 URL | ソノヤマ #USanPCEI [ 編集]


ソノヤマさん
ありがとうございます!

>個人的なシュミとしては、投影画像を矩形ではなく円形(周囲を黒く潰す)にすると
>よりアヤシゲになりそうな気がします(笑)

わかりますわかります(笑) 実はそれやろうとしてたんですよ.
ソフト的にやろうとしたらプロジェクタの画像が明るくて「黒」がうまく出なかったので,
今度は丸穴をあけた板をはめてみたんですが,熱がこもったり,ボケが出たりしたので
一時保留しました.このあたりはちゃんとリベンジしたいです.

最初は本当に懐中電灯型でやってたんですが,ガンアダプタを手に入れたあたりから
20世紀少年にでてくる「レザーぢゅう」みたいになっちゃいました(笑)
ソノヤマさんならどんなデザインにするかぜひ見てみたいです!
【2009/09/01 11:41】 URL | はしもと #F54KmX5Y [ 編集]


勉強会2.0で発表させていただいたものです.
似たようなプロカム系でキャラクタを動かすインタフェースを作ってみました.
↓今年のSIGGRAPHで展示した様子です.
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7999629

投影画像を円形にというのを見てにやりとしてしまいましたw
【2009/09/02 15:38】 URL | taku #- [ 編集]


takuさん
SIGGRAPHで出したやつですね.よく存じてますよー
ちょうどPicopon作ってた時期とかぶるのでちょっと焦りました.
以前こんなのも作ってましたし.
http://kougaku.blog28.fc2.com/blog-entry-337.html

ARやインタフェースの研究者の間ではプロジェクタが流行ってますが,
ピコプロジェクタが安くなってきたのでそろそろアマチュアの方々にも
遊んでもらおうと思ってこういう形で野に放ちました.
R.Rasker先生らを知ってる人ならいろいろツッコミどころはあるかと
思いますが,ありものでお手軽にできるという点がミソですね.
【2009/09/02 15:57】 URL | はしもと #F54KmX5Y [ 編集]


はじめまして、いつも拝見させていただいてます。
Johnny Chung Leeさんが確かこれに近いことしていたので、それを見て僕もプロジェクター+Wiimoteでやってみたいと思ってたらまさにやられてしまった(笑)

僕の場合は、まずマイクロプロジェクター買う所から始めなきゃですけど!
【2009/09/23 02:33】 URL | TEL #RcwPtZms [ 編集]


TELさん
どうもどうも.プロジェクタ+WiiRemoteはまだまだいろんな遊びができると
思いますからぜひぜひチャレンジしてみてください!
【2009/09/28 13:12】 URL | はしもと #F54KmX5Y [ 編集]




この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kougaku.blog28.fc2.com/tb.php/347-8c913279
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。