カレンダー

05月 │2017年06月│ 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 プロフィール

はしもと

Author:はしもと
ユーザインタフェース系のお仕事をしてます.関心領域は画像処理,拡張現実感,ヒューマンコンピュータインタラクション,エンタテインメントコンピューティングあたり.モノ書きもやってます.

 工学ナビ

工学ナビは工学系の技術のチュートリアルを扱うサイトです.

 作ったもの

 Twitter

 

 天気予報


 ブログ内検索

 カテゴリー

最新コメント

 RSSフィード

 リンク

このブログをリンクに追加する




工学ナビの中の人 はしもとのブログです. いろんなコトを研究的,工学的な視点で見つめます.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PDF作成ソフト
 学会に論文を投稿するときなんかはデータ形式が大抵PDFなんですが,このPDFを作るにあたって
ソフト選びで機能や変換精度,そして金銭コストがからんでいろいろと悩まされます.

Adobe Acrobat
・本家本元,PDF作成ソフトの(おそらく)最上位
・AmazonによるとStandard版で35,800円,Professional版で56,500円
・機能をPDF変換にしぼったAcrobat Elementsは4,980円
・公式の製品比較表がここにある

クセロPDF
・フリーソフト(ただしユーザ登録によってパスワードを入手する必要あり)
・各種ソフトの印刷メニューから直接PDF変換できる
・PDF作成時にクセロPDFのページをブラウザで自動的に開く
 このときネットワークにつながっていないとPDFが作成できない

いきなりPDF
・有償だが1980円とかなり安価
・各種ソフトの印刷メニューから直接PDF変換できる

その他,機能や精度面での比較はこちらが参考になりますが,
2004年12月時点のデータなので今は改良されてる可能性大.

 去年の5月ごろクセロPDFをインストールしたのですが,Wordの数式がうまく変換されず,結局他人のPCでAcrobatのお世話になっていました.しかし,知らぬ間に改良されていたようで現在のバージョンでは数式もきちんと変換できるようになっていました.
 ネットに繋がっていない状態でPDFを作ることはまずないので今はクセロPDFで満足してますが,『純正品の安心感』が欲しければおとなしく5000円出してAcrobat Elementsを買うのが吉なのかも.


この記事に対するコメント



この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kougaku.blog28.fc2.com/tb.php/86-bd86f660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無料のPDF作成ソフト:クセロPDF

無料のPDF作成ソフト:クセロPDF 任意のソフト経由で印刷可能な各種ファイルをPDF形式に変換できるソフト。 クセロPDFは仮想プリンタとして動作するので、印刷可能なデータならばデータもPDFファイルに変換可能。 使い方は、PDF化したいデータで”印刷”を選択し、プリンタ 無料インターネットサービス日記【2006/01/29 12:37】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。